新築一戸建て住宅購入の利点【子供へ財産を残してあげよう】

Menu

数十年先の暮らしも視野に

一軒家

歴史と風習もポイント

いつかはマイホームを持ちたいと考える人は多いものです。新築一戸建てを建てる場合、不動産業者に分譲地などを紹介されることになるわけですが、その場合選ぶためのチェックポイントを持っておく必要があります。一つはその土地の歴史を知ることです。近年水害や地震など全国各地で災害が頻発しています。その土地がかつて被災したことがあるのかないのか。それを知ることは大事な点です。また、海抜何メートルなのか、地盤は固いかなども調べておきたいものです。これらは図書館で調べたり、地元の高齢者から話を聞くなどで有益な情報を得ることができます。次は、その土地に町内会や自治会についてです。新築一戸建てを建てればそこの住民となるわけですから、地域の行事には最大限協力をした方がよいです。事前にここに新築一戸建てを建てたらどのような出ごとがあるのかなど知っておいた方が良いです。また、近くに歴史的な神社等がある場合は、神事への動員もありますので、その辺りも加味しておくと良いでしょう。もちろん、近くにコンビニやスーパーがあるか、駅やバス停が近いかなども大事な点です。車があるから大丈夫だと思うかもしれませんが、高齢になり車の運転ができなくなったらとたんに買い物難民になってしまいます。「田舎暮らしよりも都会の方が良い」と考える高齢者も多いようですので、そうした話も参考にしてみましょう。新築一戸建てはその時だけのものではなく、これから先数十年先の暮らしに関わります。自身の老後も含めて土地選びや設計を進めることが大事なポイントなのです。