新築一戸建て住宅購入の利点【子供へ財産を残してあげよう】

Menu

無理なく購入できる予算

一軒家

余剰資金の350倍が限度

買って終わりではないのが、マイホームの購入です。その後の生活や人生を考えなければ、住宅ローンの返済に苦労してしまいます。マイホーム購入も毎日の生活も大満足になるように、しっかりと資金計画を立てましょう。新築一戸建てを購入する際には、どのように予算を計算すればいいのでしょうか。新築一戸建てを購入後は、新居に合ったインテリアを揃えたいものです。また、引っ越しするためには、当然費用がかかります。これらの入居費用を新築一戸建ての購入費用に充てないようにしましょう。大まかな目安として、入居費用は50万円ほどかかります。また、生活を補償するための予備費をしっかりと蓄えておきましょう。怪我や病気、災害などで、収入が途絶える可能性は0ではありません。万が一の事態が起きても、予備費があれば安心です。毎月の生活費の半年分ほどがあると、マイホーム購入後に不安のない日々を過ごせます。さらに、子どもの教育費や老後の生活費などには手を付けてはいけません。将来に万全に備えることで、豊かな人生を歩めます。自動車の購入資金も少しずつ蓄えておくと、より理想的です。この3つの費用を差し引いて残ったお金が、新築一戸建ての購入費用に充てられます。住宅ローンの借入額は、余剰資金の300倍から350倍が目安です。もし、10万円の余剰資金が毎月生まれるのなら、借り入れできる住宅ローンは3000万円から3500万円。この範囲であれば、無理のない返済が可能です。